高い技術と多くの実績を誇る専門会社と提携 適正な価格で高精度の非破壊調査を実施しています。

リペア建築設計事務所は、スピーディに適正な耐震診断でお客さまの建物の強度だけでなく、適切な改修費用をご提案します。

耐震診断の内容

構造強度や地盤を各種診断項目からどの程度の地震に耐えられるかを診断します。リペア建築設計事務所は、地盤・基礎・建物の形状、壁の配置、屋根、老朽度などの耐震性にかかわるで高い技術と数多くの実績を誇る専門会社ヨシザワ建築構造調査と提携して高精度の非破壊調査を実施しております。

 

1. 鉄筋探査

電磁波式鉄筋探査機(フェロスキャン) を使用し、コンクリートを傷つけられない箇所に配筋された鉄筋の配置・仕様を計測します。

 

2. コンクリート躯体中性化深測定

採取したコンクリートコア(もしくはコンクリート素地)にフェノールフタレイン液を拭きかけ、反応色によってコンクリー トの中性化進度合いを調べます。

 

3. コンクリート躯体コア抜き

躯体に穴を 開け、コンクリートコアを抜き取ります。そのコアを使用し、コンクリート圧縮強度試験の調査を行います。

 

4. 柱の傾斜

柱の傾斜を計測することにより、建物そのものの傾き、そして耐力の低下度合いを調べます。

 

5. レベル測定

床のレベルを測定することにより地盤沈下量を測定します。

 

6. ひび割れ調査

躯体のひび割れ(クラック)の量・大きさを調べ、躯体の劣化度合いを判定します。

 

7. 鉄骨溶接部検査

鉄骨の接合部(溶接部)の検査を行い、当時の溶接が適正であるかを検査いたします。

 

8. コンクリート躯体ハツリ

コンクリートの表面を削り、内部の鉄筋の詳細を確認します。又、中性化調査も同時に行います。

 

9. 現況部材実測調査

現況の躯体と設計図書との整合性を確認し、当時の設計に違法性はなかったか、施工は適正だったかを確認いたします。

 

10. コンクリート強度試験調査

シュミレットハンマーで、コンクリートに打撃を加え、返ってきた衝撃の反射の強さを図ることでコンクリートの強度を測定する方法です。コンクリートを破壊しないで強度の測定をする最も簡単な方法です。

耐震診断の流れ

各種診断後、報告書を作成し、改修箇所があった場合に最適なプランをご提案します。

Step01 資料・情報を収集

耐震診断に必要な各種書類や情報を集めます。
【主な必要書類】
設計図書(竣工図)/構造計算書/確認済み証/検査済み証/増改築等の履歴
※これらの書類がない場合はご相談ください。

Step02 耐震診断

竣工図などの集めた資料と調査した項目より、お客様の建物に耐震性があるかを分析します。

1.簡易調査
簡易な調査で耐震改修が必要かどうかを調べます。(竣工年の確認/竣工図、増改築等の履歴の確認/周辺条件の調査/ヒアリング(用途変更の有無等)/目視点検)
2.精密検査
簡易調査で耐震改修が必要と思われる場合は、精密調査を行います。
3.非破壊調査
(建物を傷つけることなく、躯体内部の状況まで調べることができます)

Step03 改善箇所のご提案

竣工図、構造計算書、精密検査結果を基に構造計算をおこない、耐震性が低い場合に補強箇所をご説明します。最適な工法の選定/耐震改修工事の設計/概算工事期間の提示/費用のお見積もり

Step04 行政手続き

行政への申請業務をお手伝いします。

①自治体へ申請手続き
②耐震改修促進法に基づく認定の手続き
③自治体の補助制度の確認と申請手続き 等

工場・倉庫・店舗の改修工事のご相談はこちら

0120-169-898月〜金 8:00〜17:30

こんなコトが得意です工事メニュー

資料請求改修相談 お気軽にフォームで! お電話でもどうぞ 0120-168-898
耐震チェックはこちら!!耐震診断実施中!
コラワル コラムin the world 書いてます
ecoのススメ コスト削減 快適環境 環境保全
仲田一級構造設計事務所
PAGETOP
お問合せは..0120-169-898月〜金 8:00〜17:30e-メールお問合せフォーム
本社設計埼玉県春日部市大沼2-60-2TEL 048-738-7730FAX 048-738-7731川口営業所・小岩営業所・船橋営業所・柏営業所
青山デザイン事務所東京都港区南青山2-6-8 LAPIS青山 203TEL 0120-169-898FAX 03-6447-1092
©2017Repair Architectural Design Office Co.,Ltd. All Rights Reserved.