外壁崩落改修で安心・安全

外壁の劣化は、内部に雨水等の湿気が入ることにより、耐久性が低下します。また、ひどい老朽化では剥がれ落ち事故に繋がる場合もあります。

耐久性のある外壁でお客様の建物を守ります

気象因子建物は温度変化、乾燥、荷重などの影響によって劣化の原因になる場合があります。
例えば、冬に気温が下がってコンクリート中の水分が凍結と融解を繰り返すことによって、ひび割れが発生したり、表層がはく離したりします。

外壁崩落の段階 外壁崩落の段階:イメージ ひび割れ:イメージ

できるだけ早い時期にきちんと処置をして劣化の進行を食い止めましょう。 劣化の初期段階でしっかり対処しておけば、コスト的にも負担が小さくなります。

耐震性のあるグラスファイバーネット工法

代表的な劣化現象

シール劣化

タイル等の剥離の起因や防水機能の低下により漏水の原因となります。

タイル・モルタル剥離

老朽化による耐久性の低下だけでなく、剥離したタイル等の落下による安全面でも問題があります。

エフロレッセンス

別名白華現象とも言われ見た目だけでなく、水と反応して現れる現象であるため、水の浸入を示しています。

ひび割れ

ひび割れから雨水が入り、室内への漏水や鉄筋の腐食の原因となります。

工場・倉庫・店舗の改修工事のご相談はこちら

0120-169-898月〜金 8:00〜17:30

こんなコトが得意です工事メニュー

資料請求改修相談 お気軽にフォームで! お電話でもどうぞ 0120-168-898
コラワル コラムin the world 書いてます
PAGETOP
お問合せは..0120-169-898 月〜金 8:00〜17:30お問合せフォーム
埼玉県春日部市大沼2-60-2鎌倉第一ビル1階 TEL 0120-169-898 / 048-738-7730 FAX 048-738-7731

©2018Repair Architectural Design Office Co.,Ltd. All Rights Reserved.