皆さんこんにちは!
環境に優しい建物再生 埼玉のリペア建築設計事務所です。

工場の建物構造には色々な種類があることはご存知でしょうか?
現在使われている建物構造は大きく分けて5種類。
それぞれの呼び方(略称)や特長、メリット・デメリットを紹介します。

建物構造の種類と呼び方(略称)を知ろう

建物構造の種類は大きく分けて5つ。略称も紹介します。

建物構造とは、建物全体を支える骨組みのこと。この構造に何を使用しているかによって、構造の呼び方が変わります。
アルファベットでの略称は、構造を説明した英文の頭文字をとって表示しています。

①木造/W造

木造(W造)は一般住宅に多い構造です。
建設費が安く、工期が短いことがメリットで、手入れ次第では長年の使用が可能です。
木のぬくもりや風合いが好きという人も多く、日本の風土に合っている構造です。

デメリットは、地震や火災に弱いこと。気象災害や害虫による劣化にも注意が必要です。

②鉄骨造/S造

厚さ6mm未満の鋼材を使う軽量鉄骨造と、6mm以上の鋼材を使う重量鉄骨造の2種類に分かれます。
軽量鉄骨造は住宅や小規模店舗向き、重量鉄骨造は大型マンションやビルなどの建築に使われます。
構造体の品質が均一で安定していて、耐震性に優れているのもメリットです。

木造よりは火災に強いですが、長時間の火災には弱いのがデメリット。
規格化された材料を使うため、リフォーム時の設計の自由度はあまり高くありません。

③鉄筋コンクリート造/RC造

鉄筋コンクリート造は鉄筋をコンクリートで覆った構造体です。
引っ張る力に強い鉄筋と圧縮力に強いコンクリートの組み合わせで耐久性がとても高く、耐火性、耐震性、気密性にも優れています。形状の自由度が高いので、曲線部分なども自由に作ることができます。

気密性が高いため、結露やカビに注意が必要です。また建設費用が割高で工期も長くかかってしまうのがデメリットです。

④鉄筋鉄骨コンクリート造/SRC造

鉄骨コンクリートの中に、更に鉄骨を入れる建築方法が鉄筋鉄骨コンクリート造です。
鉄骨造の「軽量性」と鉄筋コンクリート造の「耐火性」の両方を併せ持っているのが特長です。軽量で耐火性が高いことから高層マンションなどに多く取り入れられています。

鉄筋鉄骨コンクリート造も建設費用が高く、工期が長くかかってしまうのがデメリットです。

⑤混構造

異なる種類の構造体を組み合わせて建築した構造。
例えば、1階部分がRC造で2階部分がS造のRS造や、平面的に一部がRS造で他がW造など、色々なパターンがあります。

目的や使用方法に合わせて両構造の良いとこ取りができるのがメリットですが、設計が複雑になり工期が長くなったり、リフォーム時の難易度が上がって費用が高くなる可能性があるのがデメリットです。

まとめ

  • 工場の建物の構造の種類は大まかに①木造/W造、②鉄骨造/S造、③鉄筋コンクリート造/RC造、④鉄筋鉄骨コンクリート造/SRC造、⑤混構造の5種類。
  • 略称は英語表記の頭文字からついている。
  • それぞれの構造にはメリットデメリットがあるため、目的や予算などに合わせて選びましょう。