外壁リフォーミは「サイディング」が人気!
皆さんこんにちは!
環境に優しい建物再生 埼玉のリペア建築設計事務所です。

外壁のリフォームで最近増えてきているサイディング壁。サイディングとは何かご存知ですか?。
サイディングの種類や特長、モルタル塗装との違いについてなど、サイディング壁への外壁リフォームについてご紹介します。

サイディングとは最近人気の外壁素材の一種

サイディングとは板状の外装材です。
従来のモルタルや土壁などのいわゆる「塗り壁」ではなく、建物に板状の外装材(サイデイングボード)を張り付けていき、シーリング材でつないでいきます。

サイディングは、モルタル塗装の外壁と比べて軽く、断熱性と耐久性、遮音性が高いです。
板状のサイディングボードを張り付けていくものなので工事期間が短く、費用も安いという特長があります。

サイディング材の種類と特長

サイディング材は素材別に4つの種類があります。
それぞれ詳しく説明します。

金属製サイディング
アルミや鋼板などの金属が原料です。
軽いので建物に負担がかからないこと、断熱性、耐久性、防水性、遮音性が高いのが特長です。
表面のメッキが腐食すると本体の金属が傷んでしまうので、定期的に点検をして早めにメンテナンスをする必要があります。

窯業系(ようぎょうけい)サイディング
セメント質と繊維質を原料としています。
硬質で耐震性、防火性、遮音性に優れていて、一般的な住宅でも一番使われているサイディング材です。
バリエーションが多く、厚みやデザイン、価格も幅広い中から選ぶことができます。
パネル1枚1枚が重たいため、建物に対する負荷が大きく、地震時の落下による二次被害に注意が必要です。

木質系サイディング
天然の木を加工したもので、木目の質感や味わいが人気です。
火や水にはあまり強くないですが、最近は防火性の高いタイプも開発されています。
マメにメンテナンスが必要な素材です。

樹脂系サイディング
塩化ビニル樹脂を原料とした軽量で対候性の高いサンディング材です。
撥水性も高く、錆の心配もありません。
日本でのシェアはまだ低めですが北海道など寒冷地を中心に人気があり、アメリカやカナダでは大きくシェアを伸ばしてる素材です。

サイディング壁へのリフォーム方法

外壁をサイディング壁へリフォームする場合、既存のモルタル壁を撤去してからサイディングボードを貼る「張り替え工法」と、モルタル壁の上からサイディングボードを貼る「重ね張り工法(カバー工法)」の2通りの方法があります。

「張り替え工法」の特長
張り替え工法は、外壁を全て撤去するので、隠れていた土台や柱などの傷みを確認して必要な補修も同時に行うことができます。
撤去のため時間と費用が発生するため、コストアップするため、予算を多めに設定する必要があります。

「重ね張り工法(カバー工法)」特長
重ね張り工法は、既存外壁を解体しないのでコストが安く、工事期間が短く済みます。
ただし、重ねた分壁が厚くなるので建物への負荷が増す場合があったり、空気と水分の通り道を確保しないと内部結露の恐れがあるので、メンテナンス費が高くつくこともあります。

リペア建築設計事務所の外壁リフォーム事例

リペア建築設計事務所での施工事例をご紹介します!
正和企業株式会社 様

屋根や外壁の経年劣化によりひび割れ、破損が起こっていました。
既存のスレート屋根、スレート外壁の上から金属サイディングを貼り、断熱性・耐久性が格段にアップしました。
https://www.repair-sekkei.com/cases/seiwakigyou.php

お客様の困ったを解決!
施工事例一覧はこちら→<http://www.repair-sekkei.com/cases.php

まとめ

  • サイディング材は素材別に「窯業系」「金属系」「木質系」「樹脂系」の4種類があり、それぞれ特長がある。
  • リフォーム方法は「張り替え工法」と「重ね張り工法」の2通りがある。
  • サイディング材は工期が短くコストが安いのが特長。素材や商品ごとの特長をよく理解して、長期的な目線で選ぶと良いでしょう。